人気の高いiPhoneだけれど、
そのアブの製作と言うと、
MacでiPhoneSDKという製作環境を使って
主にObjective-Cというプログラミング言語を
使って製作するのが一般的だ。
でも、このObjective-Cという言語は
Windowsでは使われておらず、
あまりなじみが無いかもしれない。
こういう言語に初めて触れる人は
初心者向けの講座などに参加して
まず全体のイメージをつかむのも悪くないかもしれない。
またiPhoneアプリを作る上で重要なのが、
Appleの製品で特長的なUIデザインの統一といえる。
直感的に優れた操作性を持つためにはすごく重要な部分だ。
また、iPhoneアプリはアンドロイド端末とは違って、
アップストアに登録して審査を受けて、公開といった手順が
必要になって来るので、その辺りの事も学んでおく必要がある。
ちやんとしたiPhoneアプリをつくろうと考えているのならば、
色々と独学だけではどうしても学びにくいところも多いので
一度は講座なんかを受けて勉強してみると良いだろう。
iPhoneアプリ講座/コース案内 | デジハリ・オンラインスクール(通信講座でWebデザイン・グラフィック)