ロハス電力では、新しい電力供給の形を実現させようとしています。
聞けば、クリーンエネルギーをより普及・発展させ、そこに同社のITとエネルギー技術を組み合わせることで、新サービスを提供したいと考えているのだとか。
大きなヴィジョンとしては、電気料金定額制を目標に、社をあげて邁進しているようです。
電力会社の敷く基本料金や従量料金制度などもありますから、なかなか現実のものにするのは難しそうですけど、もし電気料金が定額制になるのだったら、本当に有り難いなと思います。
一定でしかも安い電気料金だったら、家計の負担も軽くて済みますから、きっと他の消費行動にも繋がることでしょう。
そうなると、日本の経済もより回るようになる気がします。
既存の電力会社では、こういった目標を据えることなど、今ままでなかったのではないでしょうか。
新電力会社として設立したばかりのロハス電力だからこその、チャレンジブルな抱負ですが、個人的には是非こちらの会社を応援していきたいところです。