クラウドレンダリングサービスは専用の高性能GPUレンダリングサーバーを使っているため、多くの作業時間を短縮できるサービスだと言われています。
しかし、クラウドサービスを利用する上で不安になりがちなのがセキュリティについてです。
クラウドサービスはインターネット上で管理されているサービスのため、いつ誰の手にデータが渡ってしまうか分からないという不安を抱えている人も少なくはありません。

セキュリティー対策でクラウドレンダリングサービスを選ぶのならばRender Poolがおすすめだという意見もあります。
それは、業界トップクラスの暗号化テクノロジーを使った暗号化基盤によってファイル転送における通信プロセスをデータの1フレーズずつ暗号化していきます。
そのため、大切なデータを安心して任せることが出来るのです。

このようなサービスは価格設定が高かったり個人では利用できないというケースも考えられますが、Render Poolの場合はどのようなプロジェクトにも対応したプランを用意しています。
また、ホームページでは料金のシミュレーションも行っているため簡単に見積もりを取ることが出来るのです。
そのため、法人・個人問わずに利用されているクラウドレンダリングサービスだと言われています。