交通事故がなかなか減る事がない現在では、交通規制がとても厳しくなってきています。
子供さんを自動車に乗せる際には、必ずチャイルドシートを設置し、子供さんを乗せなければいけません。
そのような中で、今回は、アイソフィックスのチャイルドシートに関する情報を書きたいと思います。
一般のチャイルドシートを設置する際には、面倒ながらもシートベルトを後部などに通さなくてはいけないような構造になっています。
しかし、アイソフィックスのチャイルドシートは、セパレート設計を導入しているためとても軽く、シートベルトを使用しなくても、きちんと設置出来る構造になっていますので、お父さんが仕事などで忙しく時間が取れにくい家庭でも、お母さんが簡単に取り付ける事が可能です。
また、子供の成長に合わせやすく、乳児モードでは新生児から13Kgの赤ちゃんまでを乗せる事が出来ますし、幼児モードでは9Kgの赤ちゃんから18Kgの子供さんまで乗せる事が出来ますので、4歳までを目安として使用する事が出来ます。
赤ちゃんや子供さんを乗せた時にロックするためのタングには、マグネットが付いているため、タング同士を近づけるだけで重ねる事が出来たり、バックルに簡単に差し込む事が出来ます。
チャイルドシート|TAKATA(タカタ)株式会社 ISOFIX等充実のラインナップ