自身の体では子供を産むことができない、それでも親になりたいという願いを断ち切れないようであれば、BabyAgentの卵子提供プログラムを検討してみてください。
不妊治療にも原因に沿った方法が色々とありますが、今回のケースは、卵子が原因とされる時の対処法です。
ご協力頂ける卵子ドナーの力を借り、それを受精させ母体へ着床させていきます。
これを利用する為には、まず夫婦である事を証明する書類をはじめとした必要書類を提出、その後は本プログラムの内容説明、提携しているクリニック医師の判断を仰ぎ、これをクリアしますと、本格的な検査へと進んでいきます。
ちなみにドナーの決定や受精卵の移植手術は海外で行なうこととなりますので、それまでにパスポートは用意しておきましょう。
このように中盤以降の流れは主に海外で行なうこととなりますので、そこで誤解や誤りがないよう、BabyAgentの方で言葉をはじめとしたサポートを行なうこととなっています。
また子供を希望される方の中には、男女のどちらかを希望されるという方もいらっしゃるでしょう。
この男女の産み分けについても、サービスの一つとして対応していますので、性別の希望がある方は、まず最初に申し伝えましょう。