死角の部分にあるマンションの管理側に清掃の義務がある排水溝で発生した出来事の責任は、マンションの管理を任されているマンションの管理の業者にある。幾ら目の届かないところに在ったとはいえ、共有部分の清掃はマンションの管理を担ってる業者の仕事の範疇となる。という事で最上階に住む住人とその下の階に住む住人のに和解策としてマンションの管理を行う業者から打ち出された案とは、マンションの管理を行っている業者がそもそもの原因となった排水溝の清掃を直ちに行うという事が一つ目、そして下の住人の汚れた洗濯物に関してはマンションの管理側からそれ相当のクリーニング代が支払われるという事になった。最上階のマンションの住人は責任を免れるという結果となって本、マンションの管理側が引き起こした問題は無事解決する運びとなった。マンションの管理側もこの最初の提案で住人双方が和解できた事は極めて珍しいケースでとても嬉しく思うべきである。http://www.mec-c.com/mansion/