歯医者さんに行くのが好きな方、いらっしゃいますか?
わたしは子供のころ、「キイィーン(削る音)」や太い注射針、上からのぞき込んでくる歯医者さんが苦手でした…。
今でも出来れば歯医者さんにかかりたくないなぁ、という思いを抱いていますが、まずは健康な歯を保つためにできることをご紹介したいと思います。

まず一番身近なのは歯を磨くことですが、しっかり磨いているつもりでも意外と磨き残しがあるものです。
歯並びや磨き方の癖は一人ひとり違うので、歯医者さんでのブラッシング指導をおすすめします。
次に、食生活の改善です。
食品には酸性・アルカリ性のものがあり、ざっくり分けると肉や魚、穀物(お米など)は酸性、野菜や果物はアルカリ性です。
酸性のものを食べると歯の表面が溶けだしてしまいますが、この時分泌されるアルカリ性の唾液には酸性を中和し、歯の表面をコーティングする役割があります(再石灰化)。
また、間食が多かったりいつまでもダラダラ食べてしまうと唾液の分泌が間に合わず、いつまでも口の中は酸性、つまり虫歯になりやすくなってしまうのです。
よく噛まずに食べるという人も要注意です。
噛むことで唾液はたくさん分泌されるので、できれば噛み応えのあるものを、しっかり噛んで味わっておいしく食べたいものですね。

虫歯の治療のイメージが強い歯医者さんですが、今は定期的な歯科健診を推奨している所も多く、メディカルドキュメントというサイトでは自分に合った歯医者さんを簡単に探すことができます。
実際に通院した方からの評判も参考にしながら、歯が痛む前に歯科を探してみてはいかがでしょうか?