FXを始めるにあたって最低限の勉強を積むことはもちろんですが、勝つためには更に学んだほうがいいでしょう。
ちょっとでもFXに触れたことがあるのなら、強制ロスカットを知っているはずです。
業者の口座に証拠金として一定金額を預けたものの、持っているポジションの為替レートが不利な方向に動き、預けた金額では不足し、業者が強制的に損失を確定させるのです。
損が膨らみ続けるよりもずっとましで、有難いシステムと言えます。
この辺りは始める前に通常知っています。
しかし、勝ち続けている人は、強制ロスカットの知識だけで終わらせていません。
自分なりのロスカット基準を設け、それを下回ったら自らロスカットしているのです。
一般的に「損切り」と表現していますが、これが市場に長く留まり続けられる必須条件に他なりません。
長く留まる事ができれば、勝つチャンスが向こうからやってくるので、それに便乗すれば勝てるのです。
しかし、強制ロスカットされてしまえば、チャンスがあっても何もできません。
一見ただのシステムの一つにしか過ぎませんが、勉強した後に何故必要なのかを考えると、勝つためのアイディアが生まれるのです。